プロの清掃まとめ

フロアポリッシャーはプロの掃除屋の基本です

更新日:

フロアポリッシャーってなに?

フロアポリッシャーは床面を洗うために、不織布のパッドやブラシを動かすマシンのことを言います。 デッキブラシ等に比べて格段に早く床面をキレイにすることが出来ます。

主な用途
 ・床の洗浄作業
 ・床のワックス剥離作業

 

フロアポリッシャーの種類と用途と使用者

意外と知られていませんが、フロアポリッシャーには種類が沢山あります。

主な分類
 ・大きさ
 ・用途
 ・回転速度

主な大きさ 主な用途 主な回転速度
8インチ 標準仕様 標準速
12インチ 階段用 高速
14インチ カーペット用 超高速
16インチ

この中でおすすめのポリッシャーは以下のようになります。

・初心者向け、良く分からないけど使ってみたい
  12インチ、標準仕様、標準速

・業者向け、1台でどこでも何でもやりたい
  12インチ、カーペット用、高速

・業者向け、広い現場でバリバリと床洗浄やワックス剥離を行いたい
  14インチ、標準仕様、高速

・階段をポリッシャーで洗いたい
  8インチ、階段用、標準速

ポリッシャー購入前に確認したいオプション

もしポリッシャーを購入する場合には、絶対に検討しておきたいオプションがあります。

それは ポリッシャータンク です。

これを付けるとタンクから洗剤を出しながらポリッシャーを動かすことが出来るため、とても便利です。

ポリッシャー本体だけで床を洗えるの?

結論から言うと、洗えません。
必ずパッド又はブラシが必要になります。
図にすると右のようになります。

ブラシは床が凸凹な場所
パッドは床が平らな場所で使います。

また、ポリッシャー本体に取付する際にブラシプレートという金具が必要になります。

ポリッシャーブラシの種類を教えて!

主に以下の種類のブラシがあります。

ナイロンブラシ
 ナイロン製ブラシ、デッキブラシ等と同じものです。
 ブラシが細い順に、白、青、緑(標準)、黒があります。
 ※使用例:ワックス床、石材、その他凹凸がある床

シダブラシ
 黒シダ製ブラシ、亀の子束子のような素材です。
 使っていると磨り減るが、水はねが少ないです。
 ※使用例:ナイロンブラシと同じ、 水性ワックスの艶出し

タイネックスブラシ
 デュポン社の研磨剤入り
 ナイロン繊維(タイネックス繊維)のブラシです。
 耐久性が高く良く落ちますが、若干高価なブラシです。
 ※使用例:ナイロンブラシと同じ

ワイヤーブラシ
 その名の通りワイヤーで出来ています。
 良く落ちますが傷が入るので、注意が必要です。
 ※使用例:コンクリート、傷が入っても良い床。

ステンレスブラシ
 極細のステンレスを埋め込んだブラシです。
 極細で細部にまでブラシが届くので
 細かい溝がある場所に有効です。
 ※使用例:石材、エンボス床、凹凸が細かい場所

ポリッシャーパッドの種類を教えて!

3Mのフロアパッドが主に使われます。
色によって硬さ(研磨剤の種類や量)・用途が異なりますので、「黒」の研削力を100とした場合の研削力も書いていきます。

 フロアパッド(黒) 研削力:100
  床ワックスの完全剥離用、通常のパッド類の中では最も研削力が強いです。

 フロアパッド(茶) 研削力:40
  床ワックスの剥離、重洗浄用。黒や緑に比べ耐久性があります。

 フロアパッド(緑) 研削力:35
  重洗浄用。

 フロアパッド(青) 研削力:15
  中洗浄用、緑に比べ耐久性があります。

 フロアパッド(赤) 研削力:4
  軽洗浄用、毎日ワックス床を磨いても光沢はそれほど落ちません。

 フロアパッド(白) 研削力:0
  ワックスの艶出し用、傷を入れたくない床面の洗浄にも使えます。
  研磨剤が一切入っていないので、安心して使えます。

最後に...

ここで紹介したポリッシャーは「コード式の1ブラシポリッシャー」のみです。その他にもコードレス式、2ブラシポリッシャー(セーフティポリッシャー)などがありますので、随時ご紹介していきたいと思います。

-プロの清掃まとめ

Copyright© プロの掃除道具屋さん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.